ぶらりmavenソースコードの旅

とりあえず、日頃お世話になっておりながらも、わからないことも多いmavenさんのソースコードをぶらりと旅してみます。

現在、β版です。試行錯誤しながら、どんどん編集していこうと思います。

旅の記録

2017/03/28(火)

起動処理の続き。ついにmavenの入り口に到達!

その9:アプリ起動!

2017/03/13(月)

ようやく読み込んだ設定に従い、起動する処理を読んでいく。

その9:アプリ起動!

2017/03/08(水)

設定ファイルの解析処理を一通り見終わった。

その7:設定ファイルを解析する(前編)

その8:設定ファイルを解析する(後編)

2017/03/07(火)

どのように設定ファイルを解析していくのかを見ていった。

その7:設定ファイルを解析する(前編)

2017/02/28(火)

読み込み処理の中に入っていった。

その6:設定ファイルの解析のはじまりはじまり

2017/02/27(月)

入り口を入った先では、まずは設定ファイルの読み込み処理を行っていた。

その5:まずはclassworlds.confの読み込み

2017/02/25(土)

最初の一週間を振り返りつつ、この旅の記録ページを作ってみた。

2017/02/23(金)

ようやく見つけた入り口に入ってみた。

その4:入り口に入るの巻

実際には、この日からGitBookを採用したのだった。

2017/02/23(木)

まずは、mavenの入り口に入る前にPlexusというアプリケーションフレームワークがお目見えしたので、こやつについて調べてみた。

その2:Plexusってなんでしょね

その3:旅の入り口を発見

2017/02/21(火)

まずは、mavenの入り口である、エントリポイントから探し始めた。

その1:まずは入り口を探しましょ

2017/02/20(月)

記念すべきスタートの日。このGitBookを作成する数日前にあたる。最初は、はてなブログで書き始めていたのだが、なんとも作業しづらかったため、数日後にGitBookに辿り着いたのだった。

まずはそもそも何のソースコードから始めるか検討した。で、JVM(Java Virtual Machine)がネタとして面白いという自分の好みから始めることにした。でJVM言語のど真ん中である、Javaで実装されたソフトウェアのコードをぶらつくことに決めたわけだが、その中でも、色々なJavaプロダクトの裏側で、縁の下の力もち的な存在であるmavenさんからぶらついてみることにしたのだった。

results matching ""

    No results matching ""